TOPICS

好奇心を満たせる!

イベントによって違う仕事内容

イベントによって違う仕事内容

イベントスタッフの仕事はイベントごとに仕事内容も一緒に働くスタッフの顔ぶれも変わります。そのため毎回新鮮な気持ちで働くことができるでしょう。好奇心旺盛な人にぴったりのアルバイトだといえます。

主な仕事内容

イベントスタッフの仕事は、コンサートやライブ会場またはテーマパークなどで行われます。仕事内容は「設営スタッフ」や「運営スタッフ」など裏方の仕事や、「コンパニオン」や「着ぐるみスタッフ」など表に出る仕事もあります。どの仕事もイベントを成功させるためにチームの一員となりそれぞれの持ち場で頑張ることが大切です。
設営スタッフは、イベント前にイスを並べたり照明機材の運搬を手伝ったりと力仕事が中心になります。運営スタッフはお客さんを指定の座席に誘導したり、イベント中に不審者がいないか警備するなど運営に関係する様々な仕事をします。コンパニオンはイベントの司会をしたり、アシスタント役をしてイベントに花を添える仕事をします。着ぐるみスタッフはぬいぐるみを着てお客さんにサービスをします。マスコット役もあれば、ヒーローショーの仕事まで幅広い仕事があります。

毎回の仕事が新鮮

コンサートやライブなどの主催者から直接アルバイトの募集がかかることはほとんどなく、まずイベント会社の募集に応募をすることがイベントスタッフを始めるきっかけになります。イベント会社に登録すると、アルバイトが必要になった時に声がかかるようになります。そのため誰それのコンサートで働きたいというようなピンポイントな希望はほとんど通らず、割り振られた作業場で仕事をすることになります。先ほど紹介した仕事内容に関しても固定されるわけではありません。必要があれば設営スタッフも運営スタッフも着ぐるみスタッフもやりますし、コンパニオンスタッフが次の仕事で運営スタッフのお手伝いをするケースもあります。毎回の仕事が新鮮で、いろいろな経験を積めるというメリットがあります。

イベントスタッフに向いている人とは

イベントスタッフは先述したように毎回職場が変わります。イベントごとにスタッフの顔ぶれが変わりますし、仕事の内容も変化します。多少戸惑うかもしれませんが、新鮮さを楽しむタイプの人にとってはとても楽しい職場でしょう。スタッフの顔ぶれが変わるため、たくさんの人たちと触れあう機会になります。人間関係を広げて行きたい人には最適な職場といえるかもしれません。
時にはイベントの主役である芸能人や歌手と触れ合う機会もあるでしょう。コンサート会場の裏側など普段入れない場所に入ることも可能です。好奇心が旺盛な人には多くのメリットがある職場といえそうです。
イベントは土日開催が多いので、学生生活やその他のアルバイト、もしくは会社の仕事とも両立させやすいという利点があります。経験やスキルよりも、人との触れあいが好きで協調性のある人に向いている仕事かもしれません。

すぐ働きたい人に読んで欲しいコンテンツ