TOPICS

イベントスタッフのやりがいと喜び

やりがいは周りとの一体感

やりがいは周りとの一体感

イベントスタッフのアルバイトをするメリットややりがいについて触れていきます。この仕事は一人だけで行うことはありません。スタッフ全員が一緒になって仕事をしなければならず、人数の多い現場がほとんどです。そのため達成感が他のアルバイトとは段違いです。

有名人を見られる

イベントスタッフに応募したきっかけが「芸能人やスポーツ選手などの有名人を近くで見たい」という理由のスタッフがほとんどかもしれません。実際に有名人の姿をよく見かける機会があります。仕事中もついつい目がいってしまい、先輩スタッフにばれないように気を付けています。最初はミーハーな気持ちで応募したイベントスタッフ達も、実際に仕事を通じて有名人たちの姿を見ることで考えが少し変化していきます。憧れの存在、興味本位の存在だった有名人が、ひとつのイベントを成功させるためにたくさんの努力をしていることを身を持って知ることができるからです。
イベントを通じて同じスタッフの一員として仕事をさせていただけるので有名人を身近な存在に感じます。そのためイベントが終わるとそれまでとは異なる感覚で彼らを見るようになります。コンサートなどのイベント自体にも共感がわくようになりますので、お客さんとしてイベントに行った時もそれまで以上に楽しめるようになります。

チームで成し遂げる喜び

イベントスタッフの仕事は、一つのイベントを成功させるためにいろいろなお手伝いをする仕事です。特にアルバイトの立場では、雑用的な仕事も数多くこなします。そのためスタッフとの交流機会も多くなります。声をかけていただける機会も多くなり(叱られる機会もですが…)イベントが終わる頃には「チームの一員になれた」という達成感があります。
照明機材一つとっても、とんでもない重量でそれを一つずつ持って天井に設置する苦労があります。小屋での連続公演ではなく、野外の全国ツアーの場合は、毎回この設置と解体を繰り返すことになります。このような知られざるイベントの裏側を知ることができるのもこの仕事の醍醐味でしょう。

ちょっとモテる自分がいる

イベントスタッフとして働いていると、どうやらモテるようになると気が付きました。コンサートなどのたくさんお客さんが入るイベントでは、警備のためにステージを見ないでお客さんの方向を向いて仕事をします。その結果、女性のお客さんばかりの会場では、イベント終了時にお客さんに声をかけてもらえることがあります。連絡先の書いた紙などを渡されることもあるようです。イベントの素晴らしさがイベントスタッフの魅力に上積みされるのかもしれません。日常生活でもイベントの話をすると女子が喜びますので、仲良くなるきっかけ作りがしやすいなと感じています。

すぐ働きたい人に読んで欲しいコンテンツ