TOPICS

あなたは何を選ぶ?

ジャンルによる人気の違い

ジャンルによる人気の違い

イベントスタッフにはそれぞれ働いてみたい勤務地や職種があります。今回は人気ジャンルの仕事のトップ3を紹介していきたいと思います。

エンタメ系のイベントに人気が集中

イベントスタッフに人気の仕事が「エンタメ系のイベント」です。コンサートやライブなどの芸能人やアーティストの公演のお手伝いをする仕事です。イベントスタッフのアルバイトをするきっかけの多くが、芸能人やアーティストに会ってみたいというものですので、当然と言えば当然です。イベント会社から割り振られて勤務地に行くことになりますので自分で選べるケースは少ないですが、コンサートなどが勤務地の場合はわくわくしますね。
仕事内容は大きく分けて「設置スタッフ」と「運営スタッフ」の二つです。設置スタッフは会場づくりのお手伝いをします。椅子を並べたり、大道具のお手伝いをしたり、照明機材や音響機材を運んだりする仕事です。イベント終了後にばらして元の位置に戻すのも設置スタッフの仕事です。運営スタッフの仕事は会場の警備と、お客さんを席に誘導する仕事が中心になります。設置スタッフはリハーサルで芸能人を見るチャンスがあり、誘導スタッフは会場内警備の時にチャンスがあります。

スポーツイベントの仕事も人気

イベントスタッフの仕事のひとつに「スポーツ系イベント」があります。サッカーの試合や野球の試合など年間を通して行わるイベントや、マラソンや陸上のように年に数回のイベントまで数多くのイベントがあります。スポーツ好きにとっては例え会場の外で警備をするアルバイトでも、スポーツイベントに接していられるだけで気分が高揚してくるものです。もちろん会場内での仕事は格別です。野球場やサッカーグラウンドの中に入ることはスポーツファンの憧れの一つですが、イベントスタッフなら可能です。試合中の観客の興奮やスポットライトの美しさなどを給料をもらいながら堪能できるので贅沢な職場と言えるかもしれません。たまに野球選手が練習で折ってしまったバットをもらえるなど嬉しいハプニングがあるのも魅力の一つです。

「PRイベント」は女性スタッフに大人気

イベントの花と言えば会場を彩るコンパニオンたちでしょう。コンパニオンの仕事は芸能人への道にもつながる露出の多い仕事です。目立つ仕事だけあり、時給もその他のイベントスタッフよりもかなり高く設定されています。芸能界に興味があったり、目立つのが大好きな女性はもちろんのこと、時給が高く効率的に稼げるという理由でも人気がある仕事です。またイベントでしか着られないような奇抜で美しいファッションアイテムを身に着けることができるということも、おしゃれが好きな女性には魅力的に映るでしょう。

すぐ働きたい人に読んで欲しいコンテンツ